今年度の応募は締め切りました。次回は 2019年9月度より願書受付となります。

ごあいさつ

メディカルフットケアとは、特に医療的な視点から足の病変に対して行うケア(手技)を意味しています。

看護師が行うメディカルフットケアは、糖尿病足病変の定義である神経障害や抹消血流障害を有する糖尿病患者の下肢に生じる感染、潰瘍、深部組織の破壊性病変の発生機序と病態について足の観察とリスクアセスメントの経験・知識に基づきフットケアを行うことで悪化予防につなげる効果があり、2008年に糖尿病合併症管理料として診療報酬に加算され、2016年度に新設された診療報酬改定では、フットケアを適切に行っている透析施設での管理料として下肢末梢動脈疾患指導管理加算を得ることができるようになりました。

また、昨今の高齢化社会による在宅医療の推進が目標とされる社会状況のなか、在宅医療や介護福祉の現場でもその効果は高齢者が寝たきりになる大きな要因である「転倒による骨折の予防」・要介護・要支援の原因疾患1位である「認知症の予防」、更には「健康寿命を延ばす効果」としてメディカルフットケアの重要性や存在感が高まってきています。
そのフットケアスキルを身につけることは、看護師が専門的な働き方を広げる方法のひとつであり、看護師のキャリアとして自分らしくあるための生き方、働き方を問い自分自身の成長に繋げられる・変革できる力として自立できる手段と考えています。

今回、足のナースステーションで開設するフットケアに特化した看護師のキャリアアップ講座では、皆様の自立する力を身につけることを目的として、既に医療・介護・福祉施設の現場でメディカルフットケアを業務展開する独立看護師や理学療法士と事業コンサルティングプランナーらが講師となっており、専門的な働き方がイメージできるような施設実習を取り入れ、更には足に対する熱意だけでは難しい企業経営や運営の考え方を含め育成します。

医療変革に流動し、看護の使命を全うしうる志し高いフットケアを目指して。

講座スケジュール・講師紹介

募集要項

下記より募集要項をダウンロードください。

願書申し込みフォーム

※必ずメールに明記されたURLより必要書類をダウンロードの上、ご郵送ください。
書類受理にて申込み完了となります。不明な点はお問い合わせください。