グループ志し高く繋がるフットケア ~健康と足の救済を目指して~

綱 あけみ

足のナースステーション 虹のかけ橋

虹の架け橋 【宮崎県】

人の足が病的に腐り、その方の命をも脅かす。足病変を治し 施す 医療の中で、傷に触れ治りに一喜一憂して格闘した看護人生の過程において、私が寄り添い患者様から頂いた「ありがとう」の言葉は、  足を守りたいと願う波動となり今の私の心を動かしています。
それは、たとえ医療を離れた現場にいても担うことは変わりなく、更に看護観を磨き厳しい道を歩みだすことでもあります。自分の描く看護の道に「足を愛しみ、皆様の満ち足りた人生を支え、光をともしたい」と考える決意と「足の大切さ」や「あたりまえに歩けることの幸せ」について伝えたいと考える思いを実現するために、フットケアに特化した独立看護師として純粋に下肢救済を願いゲートキーパー(虹の架け橋)として目標に向かい一生懸命に邁進してまいります。

<略歴>
1984年4月  藤元上町病院入職
1989年10月 藤元上町病院退職
1989年11月 藤元総合病院(旧藤元早鈴)入職
2019年8月  藤元総合病院退職

<資格> 
1995年 透析技術認定士取得
2011年 慢性腎臓病療養指導看護師(旧透析療法指導看護師)取得
2011年 糖尿病重症化予防「フットケア」研修終了
2014年 フットケア指導士取得

宮崎県都城市上水流町978-3
営業日:月・火・水・木・金・土・日(予約制)
予約受付時間:10:00 ~ 19:00(最終受付:18:00)
定休日:不定休
TEL:090-4344-1741 FAX:0986-36-1795
E-mail/niji@f-nursestation.com

「足のナースステーション 虹の架け橋」 ほっこり笑顔で邁進中。

2019年10月16日にフットケアに特化した独立看護師「足のナースステーション虹の架け橋」として独立させていただき、皆さまに支えられ4ヶ月が経過しました。
ご縁があり、ディサービス事業所より「利用者様の足を診てほしい」と依頼を受け、2施設のディサービスにご訪問させて頂いております。
「足は大切」と病院での経験をお伝えしながらフットケアを行い、キャリアアップ講座の臨地実習で経験した利用者様からの「ありがとう」の言葉と笑顔を頂くことで心癒され、感謝しながらフットケアを実施しております。
幸いにも重症下肢虚血などの利用者さまはいらっしゃいません。しかし、まだまだ足の大切さをご存じない方が多いのも事実です。フットケアを行う中で「足は大切ね」「これからはちゃんと靴を履きます」等のお声を頂くことも徐々に多くなり、今後も継続して「足の大切さ」や「あたり前に歩けることの幸せ」を沢山の方々に伝えて行きたいと思います。
応援して下さる皆様に「ありがとう」と感謝の気持ちを添えて近況報告いたします。

綱 あけみ | ブログ

  1. 虹のかけ橋 報告書その1